FC2ブログ

    1ヶ月も前のことですが・・・

    来年もまた行けるかどうか分からないので・・・ 
     
    2月26日(日)に黒島の牛まつりに行って来ました
    離島ターミナルで
    離島ターミナルで

    1月末に名古屋からこちらに来る前からの予定で
    乗船券、抽選券、食事券がセットになったチケットを
    夫が買っておいてくれてありました

    とはいえ、黒島ってどこ? 
    牛まつりって何?

    抽選で牛が、生きた牛が当たる
    今年は2頭、当たる
    牛の体重を当てると牛のもも肉1本が当たる

    牛まつり チラシ


    ・・・牛のもも肉1本って、いったい・・・

    生きた牛をもらって どうするわけ?
    ペットにして飼うの?・・・・・


    正直言ってあまり興味はありませんでした
    牛、もらっても困るし・・・



    離島ターミナルから船で約30分
    朝から天気は良くないし、こんな日は船が揺れるんじゃないか・・・
    私は船酔いしやすいので不安で不安で・・・

    その昔、夫の仕事で小笠原の父島に住んでいた時に
    当時1歳くらいだった長男を連れて
    家族で母島に行ったことがありました

    天気は良かったけれど外洋ということもあり
    船はかなり揺れて
    案の定、船酔いしてしまい
    子供のだっこを替わってもらおうと夫を捜しても
    どこかに行ってしまって見あたらない
    そのうちに我慢できなくなって
    近くにいた船員さんに「ちょっと、これ」と
    投げつけるように子供を渡し
    ゲェー、ゲェーして・・・

    その時、夫は・・・といえば
    デッキで風に吹かれながら本を読んでいた、という
    思い出しただけでも腹立たしい思い出までもがよみがえり・・・



    長くなりましたが
    何とか島に着き、歩いて2~3分の所にある広場が会場でした
    黒島の港で
    黒島の港で


    島民200人あまりの人たちが3000頭ほどの牛と暮らす島に
    1500人くらいの人が集まってくるそうです
    まつりの雰囲気は
    毎年名古屋港で開催される「もうあしび」と似ているようでした
    特設ステージでいろいろな催し物が行われ
    その周りにテントが張られて
    黒島特産の「牛料理」などが味わえるようになっています特設ステージ
    お笑いの マイケル が飛び入り参加していました

    牛まつり会場 出店
    この他 クッキーなどの手作りお菓子、コーヒーなどもありました

    牛のもも焼き
    横型シシカバブ?

    もも焼き
    厚めに削ぎ取ったお肉を焼いています

    もも焼き
    できあがり

    ハンバーグ
    ハンバーグ 家庭的な味付けでした


    ゴミの分別
    フードパックなどを係の方が洗剤で洗い、水で流し、ゴミ袋に分けておられました

    ゴミの分別テント
    ご苦労様です

    会場の真ん中にはセルフバーベキュー用のテントも張られ
    大勢の人たちがお肉を焼きながら楽しんでいました

    お腹もふくれてきて
    3時過ぎの抽選会にはまだ時間もあるため
    牛の体重当てクイズに参加し
    牛まつり 体重当て看板


    この子の体重を当てます
    「今年は大きいなぁ」 と誰かが言っていました


    散策を兼ねてビジターセンターと
    黒島研究所に行って来ました

    抽選会まで時間があるので・・・
    会場からビジターセンター、黒島研究所まで、この道を歩きました


    ビジターセンター
    ビジターセンター
    昔の道具などが展示してありました

    黒島研究所
    ウミガメなどの研究をしていました

    黒島研究所
    クジャクが飼われていました



    抽選を前に景品の牛たちのドレスアップ?
    きれいにしてもらっています

    牛まつり ドレスアップ2 

    いよいよ抽選会
    抽選会場
    みんな集まってきました

    牛 入場
    参加者の熱いまなざしの中、牛入場

    抽選中
    ステージに注目  チケットを持つ手に力が入ります


    残念ながら、抽選会の写真はここまでしかありません

    牛の体重を当てた人が3人もいて、ジャンケンで当選者を決めました
    当選した女性は当然のことながら一人では牛のもも肉を持ちきれず
    3人がかりで担いでステージを下りていきました
    人ごとながら、どうやって持って帰ったんでしょうか・・・

    抽選で当たった生きた牛は
    買い上げてもらえると聞いて 一安心・・・
    犬小屋ならぬ牛小屋は必要ないみたいです・・・・・



    予想外の大作になってしまいました
    大作ついでに・・・・「おまけ」

    クワズイモの花
    ビジターセンターに行く途中、クワズイモの花が咲いていました

    クワズイモの花
    アップにしたところ



    ビジターセンターに行く途中・・・
    子牛が仲良く遊んでいました
    お母さん?
    夢中で草を食べてます



    授乳室?
    授乳室

    家畜市場の建物のドアの前に「授乳室」の貼り紙が・・・
    牛まつり 授乳室 

    牛の赤ちゃんがここでお乳をもらうのか・・・と思っていたら
    ベビーカーに赤ちゃんを乗せた若いお母さんがこちらに近づいてくるのが見えました
    「・・・・・
     そりゃ、そうだ・・・
     牛の赤ちゃんがお乳をもらう時に個室は必要ないわね ・・・」

    そそっかしさは何処にいても全開のようです



    時折、傘が必要なくらい雨が降ったりして
    肌寒い一日でしたが
    楽しく過ごす事ができました

    私の場合、難点は「船」ですが
    来年、「また行く?」と聞かれたら「行く」と答えると思います





    23日に書き始めて、今日 26日にやっと書き上げました
    予想以上の大作になったのもさることながら
    サビチ鍾乳洞の時と同じように
    頑張って書いた文や写真を変なトコをポチッとして
    「無くなっちゃった~」 が、2回ほど・・・

    「どうして、そんなことになる?」と
    小馬鹿にしたような笑いと冷ややかな視線を投げつけてくる夫にイラッとしながらも
    軽く受け流しているような、フリをしております

    パソコン、得意じゃないんだから仕方がないでしょ


    にほんブログ村のランキングに参加中です。
    ブログランキング・沖縄ブログ 石垣(市)情報へ石垣情報へ    

    牛まつり 会場 
    スポンサーサイト



    ● COMMENT FORM ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    http://saansaan.blog.fc2.com/tb.php/35-a994498e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    新垣食堂 «  | BLOG TOP |  » 再挑戦・・・

    石垣で単身赴任のお父さんと、名古屋と石垣を行ったり来たりするお母さんの生活風景)

    沖縄県八重山の食べ飲み歩き情報(2011.4~2014.3 当時)

    2012年3月3日(土)ブログ開始

    さあんさあん

    Author:さあんさあん

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    カテゴリ

    ○喫茶・甘味処「茶庵」 (9)
    ○石垣島の食べ飲み歩き (764)
    01 スウィーツ・パン (107)
    02 カフェ・軽食 (140)
    03 寿司・和食 (28)
    04 島食堂 (154)
    05 中華・ラーメン (34)
    06 洋食・レストラン (55)
    07 一品料理・粉物・多国籍 (46)
    08 ホテル (22)
    09 ステーキ・焼肉 (25)
    10 居酒屋・ダイニング (123)
    11 その他 (15)
    ○ママログ (183)
    石垣生活(ママログ) (27)
    名古屋生活(ママログ) (51)
    チャキ店長(ママログ) (64)
    名古屋生活(手話) (25)
    名古屋生活(ウンチ騒動) (16)
    ○パパログ (209)
    石垣単身生活(パパログ) (171)
    生き物(パパログ) (11)
    気になること(パパログ) (6)
    チャキ店長(パパログ) (7)
    名古屋帰省(パパログ) (14)
    未分類 (0)

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ブログランキング・沖縄ブログ 石垣(市)情報へ

    QRコード

    QR